収穫後の棚持ちが良く、収穫率が高い品種で す。本文へスキップ

本当のおいしさを 種から食卓へ

 
根こぶ病にお困りの方へ


  自然にやさしい おとり作物
  おとり大根 CR-1
おとり大根 CR-1

おとり大根 CR-1とは・・・

農薬に頼らずに自然の作物で根こぶ病菌を減らせます。

●CR-1は土壌中の根こぶ病の病菌密度を減少させて、根こぶ病を減少させる効果がある大根です。

根こぶ病菌は作物の根に侵入して感染することによって、細胞の異常増殖を起こしてコブを形成します。そして、コブの中で多数の休眠胞子ができて、菌を増殖させていきます。

しかし、この大根は感染するものの、細胞の異常増殖が起きないため、コブができず休眠胞子もできないので菌密度が低下していきます。

したがって、土壌中の根こぶ病菌の分布範囲(表土から地下15cmの土層全体)CR-1の根をいかに多く張らせるかが、根こぶ病菌を減らすために一番重要なポイントとなります。


蒔く時期は・・・

春まきは、平均気温が9℃以上になる頃からまき始め、18℃以上になってから鋤きこむと効果があります。

秋まきは、平均気温18℃以上の時までにまくのが効果的でしょう。

これは、根こぶ病菌の胞子の発芽や病気の進展が925℃の間によく起きるからです。

なお、根こぶ病菌は土壌が酸性のときによく繁殖し、ph7.2以上のアルカリ性のときはコブの発育が悪くなります。したがって、酸性土であれば転炉スラグ・石灰などアルカリ資材を投入して、ph6.57.0まで上げたほうが良いでしょう。

転炉スラグの場合はph7.5まで上げても要素欠乏は、ほとんど起こりませんので、転炉スラグを投入することをお勧めします。


どのくらい蒔けば良いのですか?

10a当たり6リットル分の種が目安です。ただし、鋤きこむまであまり時間のない場合は、種を多くまいたほうが土壌中に早く根を張ると思われます。

まき方は、は種機でも、ばらまきでもかまいません。肝心なのは表土から地下15cmぐらいの作土層にCR-1の根を充分に張らせることです。

ただし、ばらまきの場合はトラクタで11.5mぐらいの表土をロータリー耕うんするなどして、種の厚みの3倍以内の覆土をしてください。

いつ頃すき込みますか?

●CR-1が過繁茂になる前に葉大根として収穫するか、トラクタなどで鋤きこんで下さい。

菌が増殖する恐れがあるので、鋤きこんだ後4週間は作付けしないで下さい。

鋤きこむ時に発酵促進資材をまいて一緒に鋤きこむと、他の病気も出にくく確実に効果が上がり、後作の作付けが12週間早くできます。

検定をする場合は、大阪しろ菜をは種して2030cmぐらいの大きさになったら抜き取って調べて下さい。根にコブがついていなければ、ほとんど問題ないと考えて良いでしょう。しかし、根にコブが付着している場合は、もう一度CR-1を は種するか、薬剤で防除する必要があります。

なお、根こぶ病菌の菌密度が減少しているので、農薬は以前よりも少ない量で大丈夫です。

その他に気をつけることは・・・

CR-1は、既存の根こぶ病殺菌剤と併用すると効果が落ちることがあります。

●ただし、日産化学工業の殺菌剤・オラクルは、今までの根こぶ剤とは異なり、CR-1と併用することにより相乗効果が得られ、根こぶ病菌の密度をより低減することが期待できます。

詳しくは、下記の日産化学のHPをご参照ください。
   →http://www.nissan-agro.net/oracle/oracle2.html



株式会社ナコス

株式会社ナコス
〒514-1252
三重県津市稲葉町4770
TEL.059-252-0050
FAX.059-252-3311
info@e-broccoli.co.jp